A sample text widget

Etiam pulvinar consectetur dolor sed malesuada. Ut convallis euismod dolor nec pretium. Nunc ut tristique massa.

Nam sodales mi vitae dolor ullamcorper et vulputate enim accumsan. Morbi orci magna, tincidunt vitae molestie nec, molestie at mi. Nulla nulla lorem, suscipit in posuere in, interdum non magna.

TTパンミックスを使って

今回利用したのは、たんぱく質調整のグンプンTTパンミックスとグンプンの澱粉糖35gです。
1斤分でエネルギー1915.65kcal、たんぱく質17.2g、カリウム681.8mg、食塩相当量2.104g。
グンプンのT・Tパンミックス 800g (1袋) グンプン[グンプン たんぱく調整食品 小麦粉 腎臓病 ウィービル]

価格:1,056円
(2014/3/19 13:27時点)
TTパンミックスのパン


【材料】
TTパンミックス400g
オリーブオイル45g
グンプンの澱粉糖35g
牛乳30g
無塩バター10g
ドライイースト3g
塩2g
水190cc
ラム酒10g
ドライフルーツ50g
オレンジマーマレード20g
通常であれば、強力粉250gと砂糖35g、ドライイーストを6g、食塩を4gにして作ります。
その場合には、エネルギー1418.4Kcal、たんぱく33.2g、カリウム726.0mg、食塩相当量4g。
たんぱく調整の材料を使うことによって、たんぱくと食塩相当量を半分近くまで抑えることができるので、つまり通常食品の倍近くを食べても大丈夫。
TTパン
たんぱく調整せずに作る通常の場合は、焼き加減を『普通』にすると、甘みが多い分、少し表面の焦げ付きが濃いような気がしていたので、今回『弱め』にしたところ、写真のような焼き加減に。
IMG_0628
甘みもあって香りも良くて、いい感じなのにパサパサした感じの仕上がりです。どうも、たんぱく調整のパンってこんな感じらしいのですが、正直、納得できません。
何かしっとりふんわりさせる為の方法を考えてみようと思います。

今回は、パンミックスを使ってホームベーカリーでパンを作った場合のサンプルとして、この記事を載せておきます。
先に、たんぱく調整の材料を使うことによって、従来の倍近くを食べても大丈夫と書きましたが、実際に食してみての感想。これを通常のパンの倍を食べたいとは思わない感じ。食べる直前にトーストして無塩バターなどを塗り、たんぱく調整材料を使って浮かせた分のたんぱく量をベーコンなど別食材に当てるが正解。ホットサンドイッチなど良いみたい。
 エネルギーたんぱく質カリウム食塩相当量
パンミックス
400g
1424kcal14.4g204.8mg0.104g
グンプンの澱粉糖
35g
131.25kcal0g検出せず0g
オリーブオイル
45g
41.4kcal0.0g0mg0g
牛乳30g20kcal0.1g45mg0.0g
無塩バター10g76kcal0.1g2mg0.0g
ドライイースト3g9kcal1.1g48mg0.0g
塩2g0kcal0.0g2.0mg2.0g
ラム酒10g24kcal0.0g0.0mg0.0g
ドライフルーツ50g151kcal1.4g370mg0.0g
オレンジマーマレード
20g
39kcal0.1g10mg0.0g
水190cc0kcal0g0mg0g
合計1915.65kcal17.2g681.8mg2.104g

Leave a Reply

  

  

  

You can use these HTML tags

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>